株式会社 Next Commons Lab

株式会社 Next Commons Lab

暗号通貨を活用した組合組織の開発による、新しいコミュニティ経済圏の創出

参加時期

第一期:2020年4月~2020年9月

事業の目的(長期ゴール)

「助け合いや支え合い、未来への投資が連鎖する世界を拡げる。」というビジョンのもと、Co-operativeな協同組合というかたちで、相互扶助型社会保障を実装する。その過程で、既存の行政の役割を補填し、いずれはとって代わっていく新たな自治のかたちを形成していく。

ハルキゲニアラボで取り組むこと

①組合員を対象としたベーシックアセット(カフェ、宿泊施設、市民大学)の開発および運用
・実施する内容:遠野市内に組合員が利用できる、公共スペースやサービス(ベーシックアセット)を開発し、サービスを提供する。具体的にはカフェ、宿泊施設、市民大学を提供する。
・検証事項:民間による公共性の高いサービスやインフラ(ベーシックアセット)を持続的に運営するスキームがどのようなものか。継続的なサービス提供およびインフラの更新をはかるためのルールはどのようなものか。 ・検証方法:長期的に運用可能なスキームの構築と探索。ベーシックアセット利用に対する利用頻度および満足度の測定し、ニーズと合致するものを明らかにする。

②暗号資産を活用したコミュニティ経済圏の創出
・実施する内容:地縁血縁に限らない新しいコミュニティのモデルを目指し、組合形式で参加者を募り、対象者に独自の暗号資産(コミュニティ通貨)を発行する。そのシステムの開発と実証実験を行う。
・検証事項:遠野地域内で組合員を募集し、自発的にコミュニティ内で相互扶助がなされる状況を作れるかを確認する。
・検証方法:定量評価においては組合員数、マイクロワークとポイントの交換といった贈与経済の発生頻度を検証することで測定。定性的には、組合員一人一人がアプリケーションCommons Peopleの利用方法を理解しているかどうか。また、組合同士による助け合いが自発的に行える状況が構築できているかで検証。